So-net無料ブログ作成
検索選択

今月の「給与」と「ボーナス」で考えないといけない最後のことーお年玉! [育児、子育て]

年末年始はお金がかかりますね~・・
でー最後の最後に

[晴れ]自分のお子さんやー親類などのお子さんに「あ、お年玉あげなきゃなあ」


どきっ!としました??


[晴れ]というわけで今日は THE お年玉の 話


お年玉ー。。。の由来をしらべてみました。

お年玉(おとしだま、御年玉、年玉)は、正月に新年を祝うために贈答される品物のこと。 年末に贈られる歳暮と異なり、目上の者が目下のものに贈るのが特徴。 これをもって年の賜物(たまもの)であるから「としだま」という名がついたという説がある。

初めて知ったまみこでした[ふらふら]




でも 正直言って、何歳くらいの子にいくらくらいあげるのが ベターなの?
ときかれたら、、、、




正直 「お金」ということを 正式に習うのって 小学校一年生。。(うちがそうなんですが)
それと子供を見ていても、本当に自分でほしいものが出てきて、買いたいって思うのってー
やっぱり「小学校に入ってから」。。


(あくまで私の周りの話ですが)




だから、本当に「お年玉」っていうのを 直接子供にあげて、それを子供が本当に喜んで
自分のものとして使うのって「小学生から」だと思うんですね。。。




金額は。。。もし、自分のうちの子供じゃない場合はー体裁とかあるかと思うけどー
小学校低学年だったら 1000円で十分だと思います。[グッド(上向き矢印)]



それ以上だと 親に渡しちゃう、、、って感じになっちゃうしー
本当はそれ以下でもいいんだけど 自分のお子さんじゃない場合、あげにくい????




でもね、 本当のところ かわいいお年玉を 本当に その子供によろこんでもらうためにあげるのであれば、
500円玉と 100円五個を かわいい「お年玉」袋に入れて 直接あげて
そして、何を買う?って きいたりしてあげるのがいちばん[揺れるハート]




なんといっても、子供の溜まり場って 100円ショップだったりするので。。。。
あれもこれも!!って。。。本当にうれしいと思うの。。


[ひらめき]
ママのためのお役立ち情報「ママiランド」
にも、たくさんのエピソードがありますよ!



見栄や体裁よりー本当の お年玉 の意味 をふまえて。。。
算数の勉強ができるように、10えん、5円、1円、100円、のセットをつくっていれてあげてもいいかと
おもいます!

いくらかっていくら出せばいくらおつりが来るーっていうのも 大事な算数のお勉強になりますよ!


。。。。。ご参考まで[exclamation×2]




 
IMG_0508.JPG

-100円ショップで 300円分のセレクトーを 気合でする娘ー






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。